Home
顧問契約のメリット
<企業経営に専念>
事業主は、労働社会保険の複雑な事務手続きや請求手続きから開放されます。また担当の事務員を配属する必要がなくなったり、他の作業に移すことができるので、コスト的なメリットも発生します。例えば、5名以内の従業員数で顧問契約を結んでいただいた場合、月額2万円の顧問料です。従業員1人雇用した場合の10分の1以下のコストで抑えることができます。

<事務手続きの改善>
行政機関などへの報告・届出などの手続きがスピーディに処理され、帳簿書類も正確に処理されます。社会保険関連の手続きは、予想以上に多く、複雑です。そして、人が動くたびに手続きが発生します。それは、顧問契約していただけることで解消されます。